ビットコインFXチャート分析20180419昼

こんにちは、うちゅーじんです。

お昼のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
いつも通り、日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは日足チャートです。昨日のローソク足は陽線で終わりました。このまま上昇して目先の上値ターゲット978247を達成するのでしょうか。それとも調整が続くのでしょうか。4時間足で内部の動きを見てみます。

ずっとお話ししている通り、エリオット波動をカウントした場合に現在の動きが4波なのか5波なのかで中期的な戦略が大きく変わってきます。4波なら様子見or戻り売り、5波なら押し目買い。トレードスタイルにもよりますが、基本的にはこのような感じです。1時間足でさらに詳しく内部の動きを見てみます。

1時間足にすると乱高下を繰り返す非常にやりにくい動きであることが分かります。ひとつ注目すべきポイントがあり、それは○で示した高値を上に抜けるも大きく戻されてその高値より下でローソク足がひけている点です。これは僕が売りサインとしてよく使っている形です。この形になると反落することが多いので注視しておきましょう。ただし、その反落で安値を更新するかどうかは別です。最後に15分足を見てみます。

15分足では上昇トレンドですが、ここ最近は押し目が非常に深く、最後の押し目を測ってみたところフィボナッチリトレースメント78.6%より大きくなっています。押し目がだんだん深くなると方向転換する可能性が高くなってきます。超短期での押し目買いはありですが、大きく伸ばすことはできず、かと言って売るには根拠に乏しいという状況です。

昨夜のnoteにあげた両方のシナリオを考えながら様子見をし、分かりやすいパターンがでたときにエントリーしたい状況です。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い1日を。

これは将来の動きを保証するものではなく、あくまで僕の予想に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。