ビットコインFXチャート分析20180418夜

こんばんは、うちゅーじんです。

こんな質問をいただいたことがあります。

出来高は見ないのですか?

はい、ほぼ見ません。少し前に、僕が外国為替のFXをしていた話をしました。外国為替市場では出来高の正しい数値は分からないそうなので、僕は出来高を表示しない状態でずっとトレードを行ってきました。そして今から約2カ月ほど前に仮想通貨市場にやってきて現在に至ります。この市場においても、外国為替市場と同じ手法(厳密には少し違います)でそこそこのクオリティの分析をすることができている状況です。

もちろんこれは、「出来高なんて見なくてもそこそこ良いクオリティの分析ができる」と言いたいわけではなく「何に着目してどう分析するかが重要だ」と言いたいのです。トレーダーの性格やトレードスタイルによって大きく変わってくるはずです。自分にとって最適な方法を見つけられると良いですね♪

夜のnoteです。

ビットフライヤーFXチャートの分析
いつも通り、日足、4時間足、1時間足、15分足の順に解説します。

それでは始めましょう。

まずは未完成の日足チャートです。

もう見飽きたかもしれませんが、直近の下落に対するフィボナッチリトレースメント38.2%(38.2%戻し)ラインを目先の買いターゲットとして上昇しているという説を有力シナリオとしています。現時点でローソク足は陽線になっています。どんな形で完成するでしょうか。答え合わせは明日09:00です。内部の構造を詳しく見るために4時間足チャートに切り替えます。

これも見飽きましたね。(※初めてご覧になる方は過去のnoteをご参照ください、ページ下部でご案内いたします。)
現在は4波(調整)の途中か5波(推進)の途中かのどちらかだと思われますが、正直よく分かりません。4波終了ポイントを3波に引いたフィボナッチリトレースメント38.2%の846437付近だと予想していましたが、未達成で上昇しました。既に5波が始まったのでしょうか。あるいは・・・。1時間足で2つのシナリオをピックアップしてみます。

まずは既に5波が始まっているというシナリオです。

そして、現在X波の途中でこの後さらにABCと続くシナリオです。

どちらの場合も直近の下落に対するフィボ61.8%までは上昇しそうなので、あと少し上値余地がありますね。15分足を見てみます。

現在ヨコヨコです。下からエリオット波動が進行中だとしたら、現在は4波ですね。フィボ38.2%付近まで落ちてきたら拾って5波を取りたいです。ただし上値余地は大きくないかもしれません。

このように複数のシナリオを考えて、いくつかのシナリオで同じターゲットを目指せそうだという場合はそのターゲットを目指してエントリーするという方法が効果的です。

現在は難しい動きです。分かりやすい動きになるまで待っても良いかもしれません。

【note読者の皆様にお願い】
低価格を維持するために読者数を増やしたいと考えております。感想付RTやリアル口コミなどで拡散していただけると非常に助かります。

それでは良い夜を。

これは将来の動きを保証するものではなく、あくまで僕の予想に過ぎません。投資は自己責任で行いましょう。

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。