マーケット分析20200422

マーケット分析

こんにちは~。水曜日です。
大きな流れは昨日から変わらずですが、ユーロがやや買われ気味です。クロス円が弱いので売りを検討するにしても、より弱い通貨を選ぶよう心がけると良いです。
それでは今日もいくつかピックアップして解説します。

USD/JPY

USD/JPY(4H)
ここ最近はやや難しい動きです。昨日はトレンドラインを下に抜けましたが直後に戻っています。全体を見ると安値圏に止まっているのでいずれ下落する可能性が高いのですが、短期では乱高下気味です。FR61.8%達成後に反落するシナリオも継続です。

USD/JPY(1H)
乱高下していているのでトレードの優先順位は低めです。できれば上の方で売りたいですが、あえてドル円を選ぶより分かりやすいクロス円を選んだ方が良さそうです。

GBP/USD

GBP/USD(4H)
大きな陰線の後に安値に張り付く動きです。売りを検討しやすい通貨です。ただし次の安値更新でRSIにダイバージェンスがつくので安値更新後は大きめの調整に注意です。

GBP/USD(1H)
現在は短期で調整中です。できればFR38.2%手前まで上昇するのを待って売りを検討したい状況です。下落したとして、まずはPivotS1を下値ターゲットと考えておくとやりやすいと思います。S1利確で最低限のリスクリワードを確保できない場合はエントリーしないということです。

GBP/JPY

GBP/JPY(DAY)
まずは日足レベルのサポートとレジスタンスを把握しておきましょう。大きくは上下の二つです。

GBP/JPY(4H)
直近ではFR38.2%手前の価格帯もサポートです。ここに突入する頃にはRSIにダイバージェンスがつきそうなので調整入りに注意ですが、調整なら再び売りを狙えそうです。

GBP/JPY(1H)
ここからすぐに安値を更新に行く可能性もありますが、トレードする上であくまで戻り売りを狙います。図のように調整が続けば入りやすそうです。

AUD/JPY

AUD/JPY(DAY)
日足レベルでFR61.8%上をトライに行く可能性は残しておきますが、短期では弱めです。まずは目先の動きを追ってみます。

AUD/JPY(4H)
大きく見ればオレンジ色の上昇トレンドですが、短期では青色で示したように下落トレンドです。直近の上昇を見ると緩やかでトップに長めの上ヒゲをつけているので調整の可能性を考えます。できればRSIが50を回復してから売りを狙いたいです。その方が下値余地が大きくなる可能性が高いためです。想定通りに下落した場合はオレンジ色のFR61.8%手前をターゲットにすると良さそうです。

AUD/JPY(1H)
PivotR1で再び上値を抑えられるようだと売りやすいです。エントリーは15分足のパターンを見ることになります。

今日は以上です。
短期では乱高下が多くて少し難しい相場です。ストップが狩られて損切貧乏状態になりがちかもしれませんが、今はそういう時期だと割り切るのも一つの考え方です。資金管理を徹底することで損失は限定できているはずなので、あとは伸びる時期に伸びるポジションを持つだけです。ただ、これを行うためには心を穏やかに保つ必要があって、簡単なことではありません。
資金管理とテクニカルをメンタルで支える印象です。
それでは頑張りましょう♪

この記事はバックナンバーで、作成翌日07:30に自動投稿されています。最新版を読みたい方は以下のいずれかの方法をお選びください。

・noteで月額マガジンを購入する(今月は休刊です)
うちゅーじんのマガジン一覧 | note

・このブログのリンクから口座開設をする
専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

・メールマガジンに登録する(まもなく開始予定です)
メールアドレスを送信するとメールマガジン開始前に優先的にお知らせします。

マーケット分析
このページを共有する
宇宙の果ての地球人をフォローする
宇宙の果ての地球人

コメント

タイトルとURLをコピーしました