【FX専業トレーダーの資金管理】ロット管理シートの使い方

トレードで総合的に勝つためには徹底した資金管理が必要不可欠ですが、それは多くのトレーダーにとって地味で退屈な作業です。このロット管理シートを使うことで、地味で退屈な作業がほぼ自動化されます。予め設定された数値から最適なポジションサイズを素早く計算してエントリーすることが可能になるのです。

デモ動画

証拠金10万円のリアル口座にて撮影しています。

動画を観ても分かる通り、次の順序を徹底しましょう。

  1. ストップ(損切りライン)を決める
  2. 証拠金額と許容損失率から、適切なロット量(ポジションサイズ)を計算する
  3. エントリーする

更に言うと、1のストップを決めると同時にリスクリワード1達成難易度も考慮すると良いです。

ロット管理シートの概要

各種通貨ペアのレートがMT4と連動しており数字が動く仕組みになっています。面倒なポジションサイズの計算が超短時間で可能になります。対応している通貨ペアは次の通りです。

ドルストレート
EUR/USD, USD/JPY, GBP/USD, AUD/USD, NZD/USD, USD/CAD
クロス円
EUR/JPY, GPB/JPY, AUD/JPY, NZD/JPY, CAD/JPY
その他
EUR/GBP, EUR/AUD, GBP/AUD

起動準備

MT4を起動し、左上『ツール』から『オプション』を開くと次のようなウィンドウが出ます。

図のように『DDEサーバーを有効にする』にチェックを入れてください。

使い方

MT4を先に起動させた状態で『ロット管理シート』を開きます。

このような注意が出る場合は『更新する』を選択してください。他に何か質問される場合は『はい』のように肯定的な返事をしてください。

これはロット管理シートのキャプチャです。

起動したら左側のレートが動いていることを確認してください。(キャプチャの上から2番目のEUR/JPYに着目すると動いている途中であることが分かると思います。)動かない場合は一度ファイルを閉じ、MT4を起動後に開いてみてください。

まずは一番上の3カ所『現在の証拠金額』、『1LOTの取引量』、『許容損失率』入力します。

  • 現在の証拠金額

取引口座に入れている証拠金額を入力してください。利益や損失で証拠金額が変動する度に最新の数値に更新してください。

  • 1LOTの取引量

10万通貨の口座の場合は『10』と入力してください。XMのスタンダード口座だと10で問題ありません。

  • 許容損失率

1回あたりの損切り額が証拠金額の何%になるのかという数値です。例えば証拠金額100万円で許容損失率2%だと損切り額は2万円です。普通にトレードする場合、許容損失率の推奨値は2%以下です。

あとはトレード時にトレードしたい通貨ペアで『買/売』のいずれかを選択し、『ストップ価格(損切価格)』を入力するだけです。すると最適なポジションサイズとリスクリワード1の価格、リスクリワード2の価格が算出されます。

利用環境

現在Windows10でのみ動作確認済です。ちなみにExcelファイルです。無料のLibreOfficeでも開くことはできますが、動作が非常に重く使うことは難しいです。安価なWPSOfficeでは残念ながら動作しませんでした。MicrosoftExcelのみで軽快に動きました。

MicrosoftExcelを購入する場合、常に最新版に保つことができコスパにも優れたOffice365がオススメです。

ちなみにこのロット管理シートはFX口座開設の特典です。詳細は専業トレーダーが無料であなたの成長をサポート!FX口座開設特典ご覧ください。

専業トレーダーの英知をあなたに。FX口座開設特典(無料)

2018年9月27日

この記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

母星で得たチャートとの会話術を人間に教える可愛い宇宙人。為替と仮想通貨を担当している。 地球は僕が工場に発注して作ってもらったコンピューターであることは宇宙ではあまりにも有名。究極の疑問を導き出すために使うのさ。 ちなみに専業トレーダーです。FXは嫌いですが、理不尽な環境での労働はもっと嫌いなので仕方なくFXでトレードしています。